SUM 41

SUM 41

1996年に結成された、カナダ・オンタリオ州エイジャックス出身のロックバンドSUM 41。間もなくして1999年にIsland Records(Universal Music傘下)とメジャーレーベル契約を果たす。2001年にデビューアルバム「All Killer, No Filler」をリリース。同作はカナダ、アメリカ、イギリスでプラチナレコード認定をされ、収録楽曲である"Fat Lip"はスマッシュヒットとなり、瞬く間にメインストリームへと上った。続く2002年、2ndアルバム「Does This Look Infected?」をリリース。そして2004年にリリースした3rdアルバム「Chuck」ではBillboard Top 200で初登場10位、全世界で500万枚のセールスを記録。2007年リリースの4thアルバム「Underclass Hero」では同チャート自身最高位となる7位を記録。2011年にリリースした5thアルバム「Screaming Bloody Murder」では、収録楽曲"Blood In My Eyes"が世界最大級音楽賞であるグラミー賞の最優秀ハードロック・パフォーマンス賞に自身初のノミネート!日本での人気も絶大で日本製作映画『ゴジラ FINAL WARS』の為に書かれたという"We're All To Blame"が挿入歌に使用された。更にはサマーソニック、パンクスプリング等の大型フェスへの出演からジャパンツアーではZeppや代々木体育館などを軒並みソールドアウトさせてきた。
2016年にはバンドに復帰したデイヴと共に前作から約5年振りとなるアルバム「13 Voices」をHopeless Records(日本盤はKICK ROCK INVASION)よりリリース。その後出演したサマーソニック 2017での抜群のパフォーマンスは大絶賛され、その健在ぶりを改めて見せつけた。