Judas Priest

Judas Priest

1969年イギリスのバーミンガムにて前身となるバンドを結成。72年に初代ヴォーカルが脱退しロブ・ハルフォ-ドが加入、インディペンデントのガル・レコードと契約し、74年のアルバム『ロッカ・ローラ』(ROCKA ROLLA)でデビュー。

77年にCBSレコード(現ソニーミュージック)に移籍、3rdアルバム『背信の門』(SIN AFTER SIN)でメジャー・デビューを果たす。 

80年の6thアルバム『ブリティッシュ・スティール』(BRITISH STEEL)が世界中でブレイク、ロブ・ハルフォード自ら"メタル・ゴッド"と宣言する。

82年の8thアルバム『復讐の叫び』(SCREAMING FOR VENGEANCE)でさらなる高評価と商業的な成功を収め、ヘヴィ・メタル・シーンの頂点に君臨する。“第2のデビュー作”とも言われる90年の傑作12thアルバム『ペインキラー』(PAINKILLER)の発表とそれに伴うツアーの終了後にヴォーカルのロブ・ハルフォードが脱退、ソロ・プロジェクト(FIGHT~2WO~HALFORD)で活動する。後任にはティム・オーウェンズが加入し2枚のアルバムを発表する。03年にロブ・ハルフォードが電撃復帰。

11年、“最後のワールド・ツアー”と銘打った「エピタフ・ツアー」の直前にオリジナル・メンバーのK.K.ダウニング(G)が脱退、新たにリッチー・フォークナーが加入し現在に至る。リッチー・フォークナー初参加となった14年の17thアルバム『贖罪の化身』(REDEEMER OF SOULS)が全米チャート6位と当時のキャリア最高位を記録する。

18年3月発表の最新18thアルバム『ファイアーパワー』(FIREPOWER)は、プロデューサーに当代随一のメタル・プロデューサーでギタリストとしても活躍するアンディ・スニープと80年代プリースト全作品を手掛けたトム・アロムを実に30年ぶりに起用という驚きの二人共同プロデュース体制で制作。クラシック・プリーストとモダン・メタルが見事に融合した鉄壁の鋼鉄神サウンドは世界中で大好評を博し、前作を上回る全米チャート初登場5位を記録、アメリカにおけるチャート最高位を2作連続で更新する。

レザー・ジャケットにスタッズ、ハーレー・ダヴィッドソンというヘヴィ・メタル・ファッションを世界中に浸透させたオリジネイターであり、ブリティッシュ・ヘヴィ・メタルそのものを象徴する存在である。バンドは2019年に結成50周年を迎える。