Halestorm

Halestorm

ペンシルバニア州レッド・ライオン出身。フロントのリジー・ヘイルと、彼女の弟であるアージェイ・ヘイルが中心となってバンドを結成する。ティーンエイジャーの頃となる1999年、二人は父親の力を借りてEPをリリース、その後2003年にジョー・ホッティンジャーが、そして2004年にジョシュ・スミスが加入し、現在のラインナップが形成される。

2005年には早くもATLANTIC RECORDSとの契約を交わし、まず2006年にライヴEPを発表、アルバム・デビュー前にも拘らずその後2009年にアルバム『ヘイルストーム』でアルバム・デビューを果たす。デビュー前から絶え間ないツアーを続け各地にファンベースを築き上げながらバンドとしての強い結束力&パフォーマンス力を培ってきた彼らは、デビュー・アルバムにしてUSチャート40位を記録、一気に注目を集めるロック・アクトとしてシーンに知られるようになった。2010年には『Live in Philly 2010』と題されたライヴ作品を発表、翌11年にはカヴァーEP『ReAnimate』を発表。

2012年にはまずEP『Hello, It's Ms Hyde』を発表し、同年4月にセカンド『ザ・ストレンジ・ケイス』を発表、全米チャート6位を記録する。女性をフロントに擁したロック・バンドとして初のロック・エア・プレイ・チャートで1位を獲得、さらには「ラヴ・バイツ(ソー・ドゥ・アイ)」という楽曲でグラミー賞ベスト・ロック/メタル・パフォーマンス部門を受賞という快挙を成し遂げる。

そして2015年にはサード・アルバム『Into The Wild Life』をリリースし、USチャート5位を記録。また2011年、2013年、2017年にはカヴァーEP『The Covers EP』シリーズをリリース。Guns N’ RosesやJudas Priest、Metallicaなどロックアンセムから、Lady Gaga、Twenty One Pilotsなどのヒットソングまで幅広くカヴァーしている。2018年7月には4枚目となるスタジオ・アルバム『ヴィシャス』をリリース。全米アルバムチャート8位、ロックチャート1位とシーンにおいて根強い人気を証明した。

年間公演数の圧倒的な多さも特徴的である彼らだが、2010年と2012年にLOUD PARK出演、そして2015年にはソールドアウトを記録した初の単独来日ツアーを行っており、その叩き上げの圧巻のパフォーマンスを日本のロック・ファンに見せつけてくれている。

そして今回約3年振りにDOWNLOAD JAPANへの出演のため再び日本へやってくる。