EVANESCENCE

EVANESCENCE

エイミー・リー(Amy Lee)<vo, piano, key, harp>

テリー・バルサモ(Terry Balsamo)

ティム・マコード(Tim McCord)

ウィル・ハント(Will Hunt)

トロイ・マクローホーン(Troy Mclawhorn)

“ゴス・プリンセス”エイミー・リー率いる、通算アルバム・セールス2,200万枚のグラミー受賞ヘヴィロック・バンド。2003年に『フォールン(Fallen)』でメジャー・デビューするやいなや、ヴォーカルのエイミー・リーの力強くも儚い歌声、美しくも影のある存在感、激しいサウンド、心を揺さぶる歌詞などが世界中で話題となり、へヴィロックというカテゴリーを超えて瞬く間に頂点へと駆け上がった。デビュー・アルバム発売後にギタリストのベンが脱退するもバンドは精力的に活動を続け、2006年に発売となったセカンド・アルバム『ザ・オープン・ドア(THE OPEN DOOR)』は全米チャート初登場1位を記録するも、その後バンド・メンバーの脱退が相次ぎバンドの存亡が危ぶまれた。2006年以降は、2010年1月にハイチ地震のチャリティーとしてデジタル配信で「Together Again」をリリース。そして2011年、タイトルにバンド名を冠した全世界待望の3rdアルバム『エヴァネッセンス』を世に放った。2012年には単独ツアーで5年ぶりの来日、さらに2015年に開催されたOzzfest Japan出演を果たす。2017年、バンドは約6年ぶりとなる4枚目のスタジオ・アルバムとして『シンセシス』をリリース。これまでの作品の中からのベスト選曲に新曲をフル・オーケストラと共に新録したというこのアルバムのツアー”Synthesis Live” tour はオーケストラとの共演で、このアルバムの世界観を再現する大規模なものとなり、2018年にはライヴ映像作品としてもリリースされている。そして来る2020年、DOWNLOAD JAPAN2020への出演が決定。新作のオリジナル・スタジオ・アルバムのニュースにも期待がかかる。